アプリケーション連携

カメリオ ニュースエクスプローラーを使ってニュースの社内ポータルやグループウェア、チャットツールへの自動配信やメールでの情報共有が簡単にできます。個人で利用するだけでなく、社内へ情報共有するためのクリッピングツールとしてご活用いだたけます。

カメリオニュースエクスプローラーで設定したトピックの記事検索結果を社内で利用しているアプリケーションと連携したりWebページへ組み込むことができます。

活用方法

•グループウェアやCMSなどを使った社内ポータル・掲示板や情報共有ツールへの展開

•メールやチャットツールなどへの最新記事の通知

•Google スプレッドシートやExcel Onlineなどへ追記し、調査・分析などへの活用

RSSでの連携

Webサイトのニュースやブログなどの、更新情報の日付やタイトル、その内容の要約などを配信するため技術です。カメリオニュースエクスプローラーではトピックで検索された記事を配信します。

活用例

  • グループウェア、CMSなどへの組み込み

グループウェア、CMSなどのRSSリーダー機能を利用して組み込みます

  • 任意のWebページのパーツとしてRSSを表示

RSSフィードをブログパーツ化するツールFeeder NinjaFeedwind など利用してWebサイトに組み込みます

  • Slackで新着記事の表示

SlackにRSSアプリケーションをインストールして利用します

  • RSSリーダーでの表示​​

FeedlyInoreaderなどのPCやスマートホンのRSSリーダーアプリでトピックの閲覧ができます

  • アプリケーション連携サービスを利用して様々なアプリケーションと連携

Microsoft Power Automate(旧Microsoft Flow)、IFTTTZapierなどのWeb サービスを連携してタスク自動化するツールにRSSし指定し連携先に記事の配布先Webサービスを設定します

連携例

  • 1日1回検索結果をメール配信

  • 新着記事をLineへの配信

  • Googleスプレッドシートへ記事を追加

Webパーツ(iframe)での連携

Webサイト内に別サイトのページを埋め込んで表示する方法です。WebページのHTMLを編集できる方であれば容易に埋め込むことができます。

活用例

  • Webパーツをサポートしてるポータルサイトにiframe要素として組み込み

Microsoft SharepointやINSUITE、サイボウズOffice、サイボウズ ガルーンなどのポータル製品に簡単に埋め込みができます。

  • 任意のWebページのiframeを組み込み

HTMLが編集できる方であれば、任意のWebページ内にiframeタグとして組み込みができます。

 Webパーツの利用例

今後、CRM製品との連携機能などを拡張していく予定です。

アプリケーション連携機能の利用は社内や組織内での利用に限ります。外部に公開する用途でご利用になる場合にはカメリオAPIの契約が必要になりますのでお問い合わせください。

2週間無料で利用できるトライアルライセンスを提供しています。

​お気軽にお申し込みください。

Copyright © 2013-2019 白ヤギコーポレーション. All rights Reserved.プライバシーポリシー